エイジングケアの必要性

 

これまでの記事にてスキンケアの基礎については知ってもらうことができたと思います。

 

綺麗な素肌作りができるようになってひと安心です。

 

次は若い素肌をこの先もキープしていくために必要なことについてお話したいと思います!

 

 

「エイジングケア」という言葉はテレビCMや雑誌などでもよく目にすると思います。

 

20代のわたしにはまだ関係ないと思っている方にどうか読んでいただきたいです!!

 

 

30代、40代の女性の多くは「20代からエイジングケアをしていればよかった」と言います。

 

肌が衰えていくのは、若いころからの積み重ねです。
若いころはケアをそこそこにしていても肌の調子が大きく崩れることは少ないです。

 

 

だんだんと肌の毛穴が目立つようになり、シミやシワ、くすみなども出てくるようになります...
できればそれらが出始める前にケアを始めてほしいです。
気がついてからケアを始めても、すぐに効果が出るものではありません。

 

老化と同じく、エイジングケアも積み重ねなんです。
積み重ねてきたケアがあなたのお肌を若々しく保つことになります。

 

エイジングケアを始めるタイミング

 

ここまで20代から既に肌の老化は始まっているため、エイジングケアが必要だと言う話をしてきました。

 

しかし、なにも20代に入ったからすぐにでもエイジングケアをしなければ!!!

 

.......と言うわけではないのです。

 

 

むしろ20代前半でなんの肌トラブルもない状態でエイジングケア化粧品を使いすぎると逆効果になることもあります。

 

10代はもちろん、20代に入ってすぐのころは、肌自体の力で十分な保湿力を保つ機能が働いています。
化粧水の成分などでよく聞くヒアルロン酸やコラーゲンなどを素肌が作り出しているので、外から補わなくても自然とハリつやのある肌が保たれているのです。

 

そこにエイジングケアに特化した栄養たっぷりのコスメを使用すると、肌が本来持っているアンチエイジング機能が怠け、低下してしまう恐れがあります。

 

最近では「肌断食」といって、メイクはもちろんスキンケア化粧品の使用などもやめる期間を設けることで、肌を休ませて肌本来の力を引き出すというスキンケア方法もあります。しかし、当然日焼け止めなどの使用も制限されるため、できるだけ室内に引きこもる必要があります。
また、向き不向きのあるスキンケア法ですので、合わない場合逆に肌トラブルが出てしまうこともあります。慎重に検討しましょう。

 

 

 

ではいつからエイジングケアをはじめたらいいのでしょうか。

 

AGING CHECK

目元口元に小ジワが出始めた
頬・口角が下がってきた
毛穴が縦長になってきた
肌のシミ・くすみが気になってきた
クマが濃くなってきた
スキンケア化粧品を使っても数時間後には乾燥が気になる
顔が疲れてるとよく言われるようになった
カサついて化粧のノリが悪くなってきた
ファンデーションが浮くようになってきた
疲れやすく、よく風邪を引くようになった

 

など、肌や身体に変化を感じたときがエイジングケアの始め時です!

 

26歳〜30歳の間にお肌や身体に変化を感じ始めたという人が多いようですが、
20代前半の方であっても変化を感じたのであればエイジングケアに特化した化粧品などの使用をオススメします!

 

まだ変化を感じていないという方も日々の習慣を変えていくことが大切です。

 

次のページにてあわせてご紹介いたします!

 

クリーンな素肌の作り方20代のエイジングケアについて学ぶ