肌が衰えるということ

 

ここまでエイジングケアについてたくさんお話してきましたが、それでもまだ危機感が沸かないという方もいらっしゃるかと思います。

 

実際にスキンケアを怠った結果のお肌を見ていただきたいと思います。

 

 

20代なのでお肌自体にハリはあるのですが、
頬を中心にシミが目立ち、目の下にはたるみによる影が見られます。
よく見ると毛穴も開ききって、流れていることがお分かりいただけるかと思います.....

 

正しいスキンケア、エイジングケアをしないということは、
シミ・シワ・たるみを自ら作っているということなんです!!!

 

やはり、お肌も生まれつき強くてトラブルが少ない方と、生まれつきデリケートでトラブルが多い方がいます。
肌の衰えが早くから表面に出てくる方もいます。

 

20代でこの状態ということは、30代・40代でどうなるかは想像できますよね?

 

20代の今はまだ綺麗でも、30代・40代になるにつれてダメージが表面に出てきます。

 

 

 

しかし、20代のお肌はまだまだ元気で、再生する能力があります!

 

すでに表面に出てきてしまった方も、今ならまだ間に合います!
まだ表面化していない方も、今からのケアで食い止めることができます!!

 

10年後、20年後に後悔しないために今から正しいケアをしていきましょう!

実は知らないシミ・シワ・たるみ

 

みなさん「シミが・・・」「シワが・・・」「たるみが・・・」と言っていますが、
実はこれらにはそれぞれ種類があります。一度確認してみましょう!

 

 

STAINシミ
シミというのは医学的な言葉ではないので、厳密な定義はありません。
「肌の上に、正常な皮膚色とは別のもの(主に茶色か黒色)が発生し、美容上問題になったもの」を一般的にはシミと呼んでいるようです。

 

シミのなかにも、美白化粧品が効くものと、効かないものがあります。美白化粧品が効くのは、老人性色素斑(初期のもの)炎症性色素沈着肝斑です。
美白化粧品は予防的に使うものですから、部分的ではなく顔全体に毎日使って、長く続けられるものを選ぶことが大事です!

 

 


老人性色素斑
「シミ」といわれるもののなかで、もっとも多いのがこれです。紫外線の影響でできるものです。
おもに頬骨の高い部分に、1センチ大くらいまでの丸い色素斑ができ、はじめは薄い茶色をしていますが、次第に濃くはっきりとしてきます。
何年もたつうちに隆起してくることがあり、指漏性角化症になっていくものもあります。

>>>はっきりしてきたものは、レーザー治療でないととれません。

   ごく初期のものなら、美白化粧品も有効です。

 

 


脂漏性角化症
老人性色素斑から次第にイボのように盛り上がってきたもののことを言います。
よく見ると、表面はボツボツとしています。手の甲などにできる茶色いシミも、これに相当するものが多いです。

>>>レーザー治療でないととれません。

 

 


雀卵斑(ソバカス)
一般的には小さいシミのことをソバカスと呼んでいますが、厳密には遺伝的なもののみソバカスといいます。
10代のころからでき始め、小さい茶色い色素斑が鼻を中心に散らばるようにできます(鼻に多くできるのが1との違いです)。
よく見ると、シミのひとつひとつが丸というよりは三角や四角い形をしています。

>>>レーザーで治療すればきれいにとることができますが、

   美白化粧品の効きめはあまりよくないようです。

 

 


炎症性色素沈着
ニキビ痕や傷の痕などが、茶色くシミになって残ったものです。
虫刺されの痕や、ムダ毛を毛抜きで抜いていて毛穴のまわりが黒くなることがありますが、これらも含みます。
時聞がたてば消えることもありますが、消えるまでに2〜3年かかることもあり、その間に日焼けしてしまうと消えなくなることもあります。

>>>早く消すには、ピーリングがとても有効です。

   また、美白化粧品を併用することもおすすめです。

 

 


肝斑
頬骨の部分に、モヤモヤと左右対称にできることが多く、色は茶色、灰色などさまざまです。鼻の下や額に出ることもあります。
女性ホルモンのバランスが崩れたときにできるといわれます。

>>>レーザー治療は不向きで、卜ラネキサム酸という薬を数か月服用すると、薄くなることが多いです。

   ピーリングや美白化粧品も有効ですので、内服と併用すると、より早く効果が現れます。

 

 


花弁状色素斑
海などで急に日焼けしたあとに肩から背にできる小さなシミで、よく見ると花びらのような形をしています。

>>>レーザー治療が確実で、その他の方法で消すことは難しいようです。

 

 

 

 

 

WRINKLESシワ
シワには保湿だけで治るものと、治らないものがあります。
シワ予防のフェイシャルエクササイズというものがあります。
これは、筋肉レベルのたるみには有効かもしれませんが、皮膚の問題であるシワには逆効果になることがあります。
また、皮膚を引っ張ってシワを伸ばすことも逆効果になります。
すでに弾力を失っているコラーゲンは、ひっばることでよりダメージを受けます。
その結果、シワを徐々に深く、大きくしていくことになるのです。

 

 


ちりめんジワ
目もとなどによくみられる浅く細いシワです。小ジワとも呼ばれます。

>>>乾燥が原因で起こるため、肌がうるおうことで回復します。

 

 


表情ジワ
顔の表情に合わせてできるシワです。表情が戻れば、見えなくなります。
年を重ねるにしたがって深くなり、真皮のシワへと移行していきます。

 

 


真皮のシワ
一般的にいわれる「シワ」です。
「シワができた」と自分で意識するのは、このシワであることがほとんどです。
真皮にあるコラーゲン線維が紫外線や加齢によって変質することで起こります。
コラーゲン線維が弾力を失うことで、今までは元に戻っていた表情ジワが徐々に元に戻らなくなり、深いシワになっていきます。

>>>早い時期からの紫外線対策とアンチエイジングが有効です。

 

 

 

 

 

SLACKたるみ
たるみはシワと同じく、コラーゲンの変性でできます。コラーゲンが弾力を失うと、重力に逆らえなくなってたるんでくるのです。
つまり、シワとたるみは原因も対策も同じなのですが、その人の肌タイプや顔立ちによって、さまざまな形で肌に現れてきます。

 

ビタミンC誘導体レチノールピーリング剤などがコラーゲンを増やす代表的成分ですので、これらを含む美容液をひとつ、シワとたるみ対策として毎日の習慣にするのが良いでしょう!

 

 


たるみ毛穴
初期のたるみは、頬などの毛穴の開きから現れ始めます。
若いうちはハリのあるコラーゲンが真皮にぎっしりとあり、毛穴をまわりから支えています。
それが次第にゆるんで支える力が低下し、毛穴が開いていきます。
このたるみ毛穴がつながるようにしてシワができます。

 

 


涙袋
目もとの薄い皮膚がたるむと、クマが目立ってきます。
目を保護するために眼球のまわりには脂肪があるのですが、これを支える下まぶたの皮膚がたるみ、ぷくっとふくらんで見えるようになります。
これが進行するとポケットのようになり、「涙袋」と呼ばれます。

 

 


二重あご
太ったわけでもないのに二重あごになるのは、フェイスラインのたるみです。
頬からあごにかけては顔の中でもっとも脂肪の厚い部分ですが、それを皮膚が支えきれなくなって下がってきます。

>>>二重あごを予防するには、表情の筋肉トレーニングが効果的です。

 

 


法令線
口の両側にできたシワを「法令線」と呼びますが、これはほかの表情ジワと違い、たるみによるものです。
そのため、無表情でいるときも消えません。口もとの皮膚のたるみとともに、頬の厚い脂肪が下がってきているのです。

>>>法令線は、ほかのシワに比べると非常に深いシワですので、シワ用の化粧品などはほとんど効果がありません。

コラーゲン注入やヒアルロン酸注入でないと、改善は難しいようです。

 

年齢にあわせて替えていく

 

 

the first half of TEWENTIES20代前半
20代前半で使う基礎化粧品は安いもので十分です。
自分が継続して使い続けることができる商品の中で、敏感肌用、美白用、など自分の求めるもの、合うものを見つけましょう。

 

大切なのは毎日欠かさず丁寧にスキンケアを行うこと!
特に保湿を重視したケアが良いでしょう。
もうひとつは徹底的に紫外線からお肌を守ること!
日焼け止めはもちろん、サングラスや帽子、日傘などできることはすべてやりましょう。
ビタミンC誘導体を配合した化粧水を使うのも良いでしょう。

 

 

 

the second half of TWENTIES20代後半
20代後半からは、エイジングケア用の化粧品を取り入れていくことが良いかもしれません。
早くから栄養を与えすぎるのも良くないので、
最初は気になる部分のみエイジングケア用のものに入れ替えてみるというのも良いでしょう。
そして少しずつ30代向けの化粧品選びを意識していきましょう。
20代前半までに引き続き、ビタミンC誘導体配合のものを意識しましょう!

 

 

 

THIRTIES30代
30代では大抵の方がこれまでと同じケアでは満足できなくなります。
乾燥によるシワが目立ち始めるころなので、やはり保湿を怠らないことです!
そして自分の肌で作る分では足りなくなってきた成分を外から補えるエイジングケア用の化粧品を使いましょう。
レチノールやピーリング剤を配合した化粧品を使うと良いでしょう。

 

 

どの年代においても大切なのは基本のスキンケアです。
正しいスキンケアを毎日丁寧に行うことが「若いね」と言ってもらえるお肌を生み出すのです!

 

 

20代のエイジングケアについて学ぶ